増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

冷酒だけがうまい呑み方ではない 温度変化で味の幅広がる

公開日: 更新日:

 居酒屋や日本酒バーに行くと人気の銘柄、評判、客層なんぞが気になる。ついつい横目を使い、聞き耳を立ててしまい、おちおち酒も呑めやしない。

 昨今は日本酒をしゃれたグラスで出す店が多い。そいつを仲間内で回し呑みするのも目立つ。なるほど、いろんな銘柄を、ちょこっとずつ、たくさん試したいという気持ちはよく分かる。だけど、日本酒大好きで世話焼きのオッサン(私のことです)は、つい「1本の酒をとことん味わっていただきたい!」と大声を上げてしまうのだ。

 短時間に多くの銘柄を試すと、第一印象が強烈な酒に高得点を入れがちになる。しかし、この手の酒は大抵、底が浅い。2杯目で飽きがきて、とても深いお付き合いなんてできやしない。

 うまい日本酒は、抜栓後の時間経過につれ表情豊かに変化していく。デンッと一升瓶を置いた酒盛りときたら、今日ではドン引きなシチュエーションかもしれない。でも、4合瓶(ワインのフルボトルよりちょい少なめ)なら抵抗もなかろう。

 最適のテキストとして、佐渡島の銘酒「北雪/越淡麗」をお試しいただきたい。蔵は、世界展開する高級日本食レストランNOBUの唯一のオフィシャルSAKEを醸している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  8. 8

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る