増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

冷酒だけがうまい呑み方ではない 温度変化で味の幅広がる

公開日:  更新日:

 居酒屋や日本酒バーに行くと人気の銘柄、評判、客層なんぞが気になる。ついつい横目を使い、聞き耳を立ててしまい、おちおち酒も呑めやしない。

 昨今は日本酒をしゃれたグラスで出す店が多い。そいつを仲間内で回し呑みするのも目立つ。なるほど、いろんな銘柄を、ちょこっとずつ、たくさん試したいという気持ちはよく分かる。だけど、日本酒大好きで世話焼きのオッサン(私のことです)は、つい「1本の酒をとことん味わっていただきたい!」と大声を上げてしまうのだ。

 短時間に多くの銘柄を試すと、第一印象が強烈な酒に高得点を入れがちになる。しかし、この手の酒は大抵、底が浅い。2杯目で飽きがきて、とても深いお付き合いなんてできやしない。

 うまい日本酒は、抜栓後の時間経過につれ表情豊かに変化していく。デンッと一升瓶を置いた酒盛りときたら、今日ではドン引きなシチュエーションかもしれない。でも、4合瓶(ワインのフルボトルよりちょい少なめ)なら抵抗もなかろう。

 最適のテキストとして、佐渡島の銘酒「北雪/越淡麗」をお試しいただきたい。蔵は、世界展開する高級日本食レストランNOBUの唯一のオフィシャルSAKEを醸している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る