増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

冷酒だけがうまい呑み方ではない 温度変化で味の幅広がる

公開日:  更新日:

 居酒屋や日本酒バーに行くと人気の銘柄、評判、客層なんぞが気になる。ついつい横目を使い、聞き耳を立ててしまい、おちおち酒も呑めやしない。

 昨今は日本酒をしゃれたグラスで出す店が多い。そいつを仲間内で回し呑みするのも目立つ。なるほど、いろんな銘柄を、ちょこっとずつ、たくさん試したいという気持ちはよく分かる。だけど、日本酒大好きで世話焼きのオッサン(私のことです)は、つい「1本の酒をとことん味わっていただきたい!」と大声を上げてしまうのだ。

 短時間に多くの銘柄を試すと、第一印象が強烈な酒に高得点を入れがちになる。しかし、この手の酒は大抵、底が浅い。2杯目で飽きがきて、とても深いお付き合いなんてできやしない。

 うまい日本酒は、抜栓後の時間経過につれ表情豊かに変化していく。デンッと一升瓶を置いた酒盛りときたら、今日ではドン引きなシチュエーションかもしれない。でも、4合瓶(ワインのフルボトルよりちょい少なめ)なら抵抗もなかろう。

 最適のテキストとして、佐渡島の銘酒「北雪/越淡麗」をお試しいただきたい。蔵は、世界展開する高級日本食レストランNOBUの唯一のオフィシャルSAKEを醸している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る