• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

イタリアンとの相性もよし 甘・酸・薫のバランスが抜群

まんさくの花 亀ラベル 純米吟醸 生原酒

 うまい日本酒は、大人の肩をそっと抱いてくれる――。齢58、正真正銘のオッサンたる私は、今宵も杯を重ね、しみじみと目を細めております。 近年は日本酒ブーム。業界の実情は手放しで浮かれるほどお気楽じゃないが、呑み手にとっては、ブームのおかげでうまい酒が身近になったのは間違いない。これまで日本酒と縁遠かった人たちこそ、ぜひうまさを実感していただきたい。

 日本酒は米と水をベースに、麹や酵母などの微生物が複雑に作用してアルコール発酵し、独自の風味を醸し出す。味わいのバリエーションの豊富さは特筆に値する。自然の恵みをどう酒に生かすかは、蔵の腕の見せどころ。現在、国内に1200近い蔵が実働しており、蔵ごとの個性は百花繚乱。この連載では10回にわたり、銘酒を紹介していく。いずれも私が蔵を訪ね、惚れ込んだ逸品だ。

 近年の日本酒は「甘・酸・薫」がトレンド。しかし、甘酸っぱいだけだと、最初の一杯はともかく次が続かない。派手に薫る上、ジューシーな酒は肴の邪魔になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る