増田晶文
著者のコラム一覧
増田晶文作家

1960年生まれ。漫画「いっぽん!! しあわせの日本酒」で原作、日本酒選定、取材、コラム執筆を担当。近著に「うまい日本酒をつくる人たち 酒屋万流」(草思社)。

イタリアンとの相性もよし 甘・酸・薫のバランスが抜群

公開日:

まんさくの花 亀ラベル 純米吟醸 生原酒

 うまい日本酒は、大人の肩をそっと抱いてくれる――。齢58、正真正銘のオッサンたる私は、今宵も杯を重ね、しみじみと目を細めております。 近年は日本酒ブーム。業界の実情は手放しで浮かれるほどお気楽じゃないが、呑み手にとっては、ブームのおかげでうまい酒が身近になったのは間違いない。これまで日本酒と縁遠かった人たちこそ、ぜひうまさを実感していただきたい。

 日本酒は米と水をベースに、麹や酵母などの微生物が複雑に作用してアルコール発酵し、独自の風味を醸し出す。味わいのバリエーションの豊富さは特筆に値する。自然の恵みをどう酒に生かすかは、蔵の腕の見せどころ。現在、国内に1200近い蔵が実働しており、蔵ごとの個性は百花繚乱。この連載では10回にわたり、銘酒を紹介していく。いずれも私が蔵を訪ね、惚れ込んだ逸品だ。

 近年の日本酒は「甘・酸・薫」がトレンド。しかし、甘酸っぱいだけだと、最初の一杯はともかく次が続かない。派手に薫る上、ジューシーな酒は肴の邪魔になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る