いまだに支持率30% 安倍首相はなぜ溺愛されるのか

公開日: 更新日:

 安倍内閣の支持率がじわじわと落ちてきている。メディアの世論調査を見ると、朝日新聞は31%で、JNNは39%と、いずれも第2次安倍政権で最低を記録した。

 それでも歴代内閣に比べれば、まだまだ危険水域とは言い難い。「サメの脳ミソ」とヤユされた森喜朗元首相は、退陣直前の2001年4月に内閣支持率7%(NHK世論調査)という不名誉な記録をたたき出している。加計学園の獣医学部新設に関して、多くの人が安倍首相の答弁に疑問を抱いているというのに、いまだに3割が支持しているというのだから不思議だ。

「真の保守派や右派の中には、安倍首相に批判的な意見も多いのです。それでも一定の支持があるのは、ポスト安倍にリアリズムを感じられないことに加え、民主党政権の失敗で“野党”“政権交代”という言葉に嫌悪感を覚える人が増えたということもあるでしょう。理由はひとつではなく、総合的なものだと思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

もっと見る