「ウエディングドレスを着ると婚期が遅れる」は本当か?

公開日: 更新日:

 娘を持つお父さんは気が気でないかも……。

 冠婚葬祭業大手「サン・ライフ」(本社・平塚市)が、夏休み子供イベントで小学生の女の子を対象にした挙式体験を行う。

「昨今は“ナシ婚”といわれるように挙式・披露宴を行わないカップルが増えていますが、将来にわたって残したい文化と考えています。ウエディングドレスを着て、実際のチャペルで本番さながらの挙式体験をします。昨年も同様のイベントを開催しており、多くの女の子に喜んでもらえました」(サン・ライフ広報担当者)

 とはいえ、未婚女性がウエディングドレスを着ると、“婚期が遅れる”ともいわれる。ただのジンクスであればいいが、何か根拠があるのか?

 同じく婚期が遅れるとされるものに、未婚女性が「猫や犬を飼うと結婚できない」というものがある。これには一応の根拠があって、ペットを可愛がると、脳下垂体から愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌される。これは赤ちゃんを抱っこした時と一緒。未婚女性がペットで満足してしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る