「ウエディングドレスを着ると婚期が遅れる」は本当か?

公開日:

 娘を持つお父さんは気が気でないかも……。

 冠婚葬祭業大手「サン・ライフ」(本社・平塚市)が、夏休み子供イベントで小学生の女の子を対象にした挙式体験を行う。

「昨今は“ナシ婚”といわれるように挙式・披露宴を行わないカップルが増えていますが、将来にわたって残したい文化と考えています。ウエディングドレスを着て、実際のチャペルで本番さながらの挙式体験をします。昨年も同様のイベントを開催しており、多くの女の子に喜んでもらえました」(サン・ライフ広報担当者)

 とはいえ、未婚女性がウエディングドレスを着ると、“婚期が遅れる”ともいわれる。ただのジンクスであればいいが、何か根拠があるのか?

 同じく婚期が遅れるとされるものに、未婚女性が「猫や犬を飼うと結婚できない」というものがある。これには一応の根拠があって、ペットを可愛がると、脳下垂体から愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌される。これは赤ちゃんを抱っこした時と一緒。未婚女性がペットで満足してしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る