子供のレモネード無許可販売に罰金 大手が始めた粋な支援

公開日: 更新日:

 米国の子供たちの代表的なお小遣い稼ぎに「レモネード売り」がある。

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードを売る姿には思わずほほ笑んでしまうが、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えてきていた。

 こうした事態を受け、米レモネード大手「カントリータイム」が、罰金を科せられたり、これからレモネード売りをしようという子供たちを支援する「リーガル・エイド(法的な支援)」というプロジェクトを始めた。

 CNNニュース(11日付電子版)によると、カントリータイムは、2017、18年中に当局から罰金を科せられた子供と、これから販売許可を取得しようという子供に、最大300ドル(約3万3000円)を支援するという。写真は、同社が今月7日にユーチューブで公開したリーガル・エイドのCMだ。

 もちろん、自社ブランドのPRが目的のプロジェクトなのだが、当局にレモネード売りをはばまれた子供たちにとっては、うれしい支援だろう。

 それにしても、当局も大目に見てあげればいいのに、という割り切れない思いはぬぐえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

もっと見る