子供のレモネード無許可販売に罰金 大手が始めた粋な支援

公開日: 更新日:

 米国の子供たちの代表的なお小遣い稼ぎに「レモネード売り」がある。

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードを売る姿には思わずほほ笑んでしまうが、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えてきていた。

 こうした事態を受け、米レモネード大手「カントリータイム」が、罰金を科せられたり、これからレモネード売りをしようという子供たちを支援する「リーガル・エイド(法的な支援)」というプロジェクトを始めた。

 CNNニュース(11日付電子版)によると、カントリータイムは、2017、18年中に当局から罰金を科せられた子供と、これから販売許可を取得しようという子供に、最大300ドル(約3万3000円)を支援するという。写真は、同社が今月7日にユーチューブで公開したリーガル・エイドのCMだ。

 もちろん、自社ブランドのPRが目的のプロジェクトなのだが、当局にレモネード売りをはばまれた子供たちにとっては、うれしい支援だろう。

 それにしても、当局も大目に見てあげればいいのに、という割り切れない思いはぬぐえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  8. 8

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  9. 9

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る