• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

子供のレモネード無許可販売に罰金 大手が始めた粋な支援

 米国の子供たちの代表的なお小遣い稼ぎに「レモネード売り」がある。

 道端に即席のスタンドを設置し、レモネードを売る姿には思わずほほ笑んでしまうが、ここ数年は「販売許可を取らなければならない」「子供が無許可販売で罰金を科せられた」「スタンドを撤去された」なんていう“不寛容”な事例が増えてきていた。

 こうした事態を受け、米レモネード大手「カントリータイム」が、罰金を科せられたり、これからレモネード売りをしようという子供たちを支援する「リーガル・エイド(法的な支援)」というプロジェクトを始めた。

 CNNニュース(11日付電子版)によると、カントリータイムは、2017、18年中に当局から罰金を科せられた子供と、これから販売許可を取得しようという子供に、最大300ドル(約3万3000円)を支援するという。写真は、同社が今月7日にユーチューブで公開したリーガル・エイドのCMだ。

 もちろん、自社ブランドのPRが目的のプロジェクトなのだが、当局にレモネード売りをはばまれた子供たちにとっては、うれしい支援だろう。

 それにしても、当局も大目に見てあげればいいのに、という割り切れない思いはぬぐえない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る