みんながハッピー! 米で話題の犬と飼い主の“ゲーム”とは

公開日: 更新日:

 健康にも良く、犬の運動にもなり、かつ動物愛護団体の支援にもなる――米ミネソタ州アルバートビルに住む男性と飼い犬の「ゲーム」が地元テレビで紹介され、話題だ。

 CBSの地方局WCCO(27日付電子版)によると、アル・クーパーさんは7年前、がん治療を終えた時、地元の動物愛護協会からバーニーズ・マウンテン・ドッグの子犬を引き取り、「ダボス」と名付けて飼い始めた。毎日、公園で犬の散歩をして適度な運動をし、犬との絆が深まることで、クーパーさんは着実に健康を回復した。

 クーパーさんは3個の紙コップの中の1つにゴルフボールを入れ、ダボスに当てさせて、成功すればご褒美を与える遊びをしていた時、ダボスがゴルフボールに強い興味を示すことに気が付いた。

 そこでクーパーさんは、ダボスを連れて近所のゴルフ場「シダー・クリーク・ゴルフ・コース」に通うようになった。ゴルフをプレーするのではなく、ロストボールを探すのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る