有名シェフがコラボ 「芳香蒸留水」は魔法の調味料だった

公開日: 更新日:

「キッチン蒸留」――聞きなれない言葉だが、いま話題の調理法だ。これは食材を蒸したときに発生する水蒸気を冷却した蒸留水を調理に使う「水蒸気蒸留」という歴史的な技術を簡素化したもの。

 先日、専用の蒸留器「ATRPOT」を手掛けた日本アロマ蒸留協会とアル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんがコラボイベントを開催。そこで芳香蒸留水コースを食してみた。蒸留水に含まれるのは、植物の香り成分のみでノンカロリー。調味料の代わりに使えば制限食、ダイエット食にもピッタリだ。介護食や離乳食にも応用できる。

 写真は、コースメニューの一品として提供された「バジルの芳香蒸留水とモッツァレラチーズのカプレーゼ」。まずは冷やしたトマトをそのままいただく。甘酸っぱくジューシーな素材も十分おいしいが、ここにモッツァレラチーズとバジルの芳香蒸留水を小さじ1杯かけてみる。見た目は変わらないが、ほのかにバジルの香りがする。口に含むと、バジルがパッと広がった。葉の食感はないから、不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    権勢にしがみつき私情優先 野党結集を邪魔する「新6人衆」

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る