有名シェフがコラボ 「芳香蒸留水」は魔法の調味料だった

公開日:

「キッチン蒸留」――聞きなれない言葉だが、いま話題の調理法だ。これは食材を蒸したときに発生する水蒸気を冷却した蒸留水を調理に使う「水蒸気蒸留」という歴史的な技術を簡素化したもの。

 先日、専用の蒸留器「ATRPOT」を手掛けた日本アロマ蒸留協会とアル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんがコラボイベントを開催。そこで芳香蒸留水コースを食してみた。蒸留水に含まれるのは、植物の香り成分のみでノンカロリー。調味料の代わりに使えば制限食、ダイエット食にもピッタリだ。介護食や離乳食にも応用できる。

 写真は、コースメニューの一品として提供された「バジルの芳香蒸留水とモッツァレラチーズのカプレーゼ」。まずは冷やしたトマトをそのままいただく。甘酸っぱくジューシーな素材も十分おいしいが、ここにモッツァレラチーズとバジルの芳香蒸留水を小さじ1杯かけてみる。見た目は変わらないが、ほのかにバジルの香りがする。口に含むと、バジルがパッと広がった。葉の食感はないから、不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る