有名シェフがコラボ 「芳香蒸留水」は魔法の調味料だった

公開日: 更新日:

「キッチン蒸留」――聞きなれない言葉だが、いま話題の調理法だ。これは食材を蒸したときに発生する水蒸気を冷却した蒸留水を調理に使う「水蒸気蒸留」という歴史的な技術を簡素化したもの。

 先日、専用の蒸留器「ATRPOT」を手掛けた日本アロマ蒸留協会とアル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんがコラボイベントを開催。そこで芳香蒸留水コースを食してみた。蒸留水に含まれるのは、植物の香り成分のみでノンカロリー。調味料の代わりに使えば制限食、ダイエット食にもピッタリだ。介護食や離乳食にも応用できる。

 写真は、コースメニューの一品として提供された「バジルの芳香蒸留水とモッツァレラチーズのカプレーゼ」。まずは冷やしたトマトをそのままいただく。甘酸っぱくジューシーな素材も十分おいしいが、ここにモッツァレラチーズとバジルの芳香蒸留水を小さじ1杯かけてみる。見た目は変わらないが、ほのかにバジルの香りがする。口に含むと、バジルがパッと広がった。葉の食感はないから、不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る