有名シェフがコラボ 「芳香蒸留水」は魔法の調味料だった

公開日: 更新日:

「キッチン蒸留」――聞きなれない言葉だが、いま話題の調理法だ。これは食材を蒸したときに発生する水蒸気を冷却した蒸留水を調理に使う「水蒸気蒸留」という歴史的な技術を簡素化したもの。

 先日、専用の蒸留器「ATRPOT」を手掛けた日本アロマ蒸留協会とアル・ケッチャーノのオーナーシェフ奥田政行さんがコラボイベントを開催。そこで芳香蒸留水コースを食してみた。蒸留水に含まれるのは、植物の香り成分のみでノンカロリー。調味料の代わりに使えば制限食、ダイエット食にもピッタリだ。介護食や離乳食にも応用できる。

 写真は、コースメニューの一品として提供された「バジルの芳香蒸留水とモッツァレラチーズのカプレーゼ」。まずは冷やしたトマトをそのままいただく。甘酸っぱくジューシーな素材も十分おいしいが、ここにモッツァレラチーズとバジルの芳香蒸留水を小さじ1杯かけてみる。見た目は変わらないが、ほのかにバジルの香りがする。口に含むと、バジルがパッと広がった。葉の食感はないから、不思議だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  6. 6

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る