植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

“鼻毛に幻滅”に次ぎ…「汚部屋住まい」の男も婚期を逃す

公開日: 更新日:

 結婚相談所ではお見合いの後、男女ともにカウンセリングをします。実際に会ってみて、相手の印象や感想、次回のデートを希望するかを聞きます。

 実は、お断りの理由で最も多いのが「鼻毛」です。女性の4人に1人は、お見合い相手の男性の鼻毛に幻滅しています。20代の爽やかな男子でも、鼻毛が1本出ていたら気分が萎えてしまうもの。オジサンは束で出ていますね。これは鏡を見れば防げますから、意識しておきましょう。

 2位は「ニオイ」。生活臭や衣類の生乾きのニオイです。成婚に結びつかない男性の家をチェックすると、必ずと言っていいほど“汚部屋”なんです。ある40代会社員の部屋にスタッフと訪問したときのことです。衣服、コンビニのビニール袋、ペットボトルや弁当箱などが散乱し、本や書類も積み上がっている。足の踏み場がありませんでした。シンクにはカビや水あかがこびりついていて、並べてあるコーヒー缶からは虫が発生していました。こうした汚部屋の生活臭は絨毯やカーテン、衣類に染みつきます。そのため、お風呂に入っていても独特のニオイが取れなくなるのです。本人は気付かなくても、女性は他人のニオイに敏感ですから、生活習慣から改めないとお見合いをしてもうまくいきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る