植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

“鼻毛に幻滅”に次ぎ…「汚部屋住まい」の男も婚期を逃す

公開日:

 結婚相談所ではお見合いの後、男女ともにカウンセリングをします。実際に会ってみて、相手の印象や感想、次回のデートを希望するかを聞きます。

 実は、お断りの理由で最も多いのが「鼻毛」です。女性の4人に1人は、お見合い相手の男性の鼻毛に幻滅しています。20代の爽やかな男子でも、鼻毛が1本出ていたら気分が萎えてしまうもの。オジサンは束で出ていますね。これは鏡を見れば防げますから、意識しておきましょう。

 2位は「ニオイ」。生活臭や衣類の生乾きのニオイです。成婚に結びつかない男性の家をチェックすると、必ずと言っていいほど“汚部屋”なんです。ある40代会社員の部屋にスタッフと訪問したときのことです。衣服、コンビニのビニール袋、ペットボトルや弁当箱などが散乱し、本や書類も積み上がっている。足の踏み場がありませんでした。シンクにはカビや水あかがこびりついていて、並べてあるコーヒー缶からは虫が発生していました。こうした汚部屋の生活臭は絨毯やカーテン、衣類に染みつきます。そのため、お風呂に入っていても独特のニオイが取れなくなるのです。本人は気付かなくても、女性は他人のニオイに敏感ですから、生活習慣から改めないとお見合いをしてもうまくいきません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る