熟年離婚は演技と戦略が肝心 EDは週イチのオナニーで防ぐ

公開日: 更新日:

「絶対に別れる」

 東京・武蔵野市に住む57歳の男性は、1年半前から脊柱管狭窄症で脚のしびれと痛みがつらく、ちょっと歩いては休み、休んでは歩いてという状態で何とか通勤している。発症直後、妻と近所に買い物に出かけると、その歩き方を見た妻に「どうしようもないわね」と吐き捨てられたことで離婚を決意した。

「つらい姿を目にしたら『大丈夫?』と声をかけるのが普通。でも、あいつにそんな気遣いはない。給料を運ぶ金づるとしか思っていないから、あんなことが平気で言えるんです。来月の手術で治ったら離婚します」

 来年結婚30年目だが、感慨はない。2016年の人口動態統計によると、結婚20年を超える熟年離婚は3万7601件。99年に4万件を超えてから、毎年4万件前後で推移する。結婚20年未満の離婚が減少傾向なのとは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

もっと見る