熟年離婚は演技と戦略が肝心 EDは週イチのオナニーで防ぐ

公開日:

「絶対に別れる」

 東京・武蔵野市に住む57歳の男性は、1年半前から脊柱管狭窄症で脚のしびれと痛みがつらく、ちょっと歩いては休み、休んでは歩いてという状態で何とか通勤している。発症直後、妻と近所に買い物に出かけると、その歩き方を見た妻に「どうしようもないわね」と吐き捨てられたことで離婚を決意した。

「つらい姿を目にしたら『大丈夫?』と声をかけるのが普通。でも、あいつにそんな気遣いはない。給料を運ぶ金づるとしか思っていないから、あんなことが平気で言えるんです。来月の手術で治ったら離婚します」

 来年結婚30年目だが、感慨はない。2016年の人口動態統計によると、結婚20年を超える熟年離婚は3万7601件。99年に4万件を超えてから、毎年4万件前後で推移する。結婚20年未満の離婚が減少傾向なのとは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る