熟年離婚は演技と戦略が肝心 EDは週イチのオナニーで防ぐ

公開日: 更新日:

「絶対に別れる」

 東京・武蔵野市に住む57歳の男性は、1年半前から脊柱管狭窄症で脚のしびれと痛みがつらく、ちょっと歩いては休み、休んでは歩いてという状態で何とか通勤している。発症直後、妻と近所に買い物に出かけると、その歩き方を見た妻に「どうしようもないわね」と吐き捨てられたことで離婚を決意した。

「つらい姿を目にしたら『大丈夫?』と声をかけるのが普通。でも、あいつにそんな気遣いはない。給料を運ぶ金づるとしか思っていないから、あんなことが平気で言えるんです。来月の手術で治ったら離婚します」

 来年結婚30年目だが、感慨はない。2016年の人口動態統計によると、結婚20年を超える熟年離婚は3万7601件。99年に4万件を超えてから、毎年4万件前後で推移する。結婚20年未満の離婚が減少傾向なのとは対照的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る