話題のアプリ「方言チャート」 女子大生に聞いた開発秘話

公開日: 更新日:

〈今日のテストみやすかった(簡単だった)ねと言う?〉〈ランドセルをかるう(背負う)と言う?〉――。

 方言に関する質問にイエスかノーかで答えていくだけで、回答者の出身地を当てることができる。そんなアプリ「方言チャート」は、東京女子大現代教養学部人文学科の篠崎晃一教授(写真右端)とゼミ生が2013年に初めてアップして以来、何度となく更新を繰り返している。

 今年5月に1000万人の回答データを分析し直した「方言チャート100PLUSⅡEX」版にアップグレード。「前より当たる」と評判で、記者も試したら一発で的中。一体どんな女子大生が携わったのか。ゼミを直撃!

 東京・杉並区の校舎で記者を迎えてくれたのは、篠崎教授と8人のゼミ生(メンバーは全9人だが1人は就職活動で欠席)。それぞれ担当エリアを分担して調査したという。早速、話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  2. 2

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  3. 3

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  4. 4

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  5. 5

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  6. 6

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  7. 7

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    米倉涼子や柴咲コウが独立 “円満”強調と個人で活動の意図

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る