家計調査で見えた県民性 なぜ京都人は“食に貪欲”なのか?

公開日: 更新日:

 静岡県浜松市が3年連続「餃子の街」日本一に輝くなど、食にかける出費には地域性がある。17日に発表された2013~15年の総務省の家計調査によると、1世帯当たりの「かつお」の年間支出金額が最も多いのは高知市、「しゅうまい」は横浜市、「ぶり」は富山市、「梨」は鳥取市、「牡蠣」は広島市、「カステラ」は長崎市といった具合だ。

 分かりやすいところでは「たらこ」は1位福岡市(6989円)と2位北九州市(6832円)が突出している。

■京都人はすき焼き好き?

 ちょっと面白いのが京都市で、「牛肉」「ねぎ」「玉ねぎ」「生しいたけ」がトップ。すき焼き好きらしい。実は京都市は200超ある食料品の項目のうち、17項目でトップ。食に対してかなり“貪欲”なのだ。

「関西はすき焼きに玉ねぎを入れます。食材にお金をかけるというか、こだわりがうかがえます」(京都市情報統計課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る