あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

浅草なのに洋館のようなたたずまい “神様”がすんでいる

公開日: 更新日:

アンヂェラス(東京・浅草)

 外国人観光客でごった返す浅草・雷門から少し歩くと洋館のようなたたずまいなのに“昭和感”が漂っている純喫茶が見えてきます。1946年にオープンした老舗「アンヂェラス」です。

 外観は欧州の古びた木造建築のよう。可愛いトンガリ屋根が目印です。昔ながらの陳列ケースに入っているケーキをチラ見しつつ、階段を上って右奥の席に案内されました。テーブル同士の間隔はタイトですが、吹き抜けなので狭苦しさは感じません。

 メニューリストの中から「梅ダッチコーヒー」(720円、写真右)をオーダーします。

 氷とつまようじの刺さった梅入りのグラスに水だし(ダッチ)コーヒーを注いで梅の香りを感じながら、半分に減ったところで梅酒を適量。コーヒーに梅酒!? ミスマッチ感アリですが、コーヒーの濃さや苦味とケンカしないでバランス良く混ざり合い、まろやかなテイストが増すのです。

 お酒好きの初代オーナーが考案。常連だった作家・池波正太郎さんが気に入り、裏メニューだった梅ダッチコーヒーが人気メニューになったという逸話が残っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る