あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

浅草なのに洋館のようなたたずまい “神様”がすんでいる

公開日: 更新日:

アンヂェラス(東京・浅草)

 外国人観光客でごった返す浅草・雷門から少し歩くと洋館のようなたたずまいなのに“昭和感”が漂っている純喫茶が見えてきます。1946年にオープンした老舗「アンヂェラス」です。

 外観は欧州の古びた木造建築のよう。可愛いトンガリ屋根が目印です。昔ながらの陳列ケースに入っているケーキをチラ見しつつ、階段を上って右奥の席に案内されました。テーブル同士の間隔はタイトですが、吹き抜けなので狭苦しさは感じません。

 メニューリストの中から「梅ダッチコーヒー」(720円、写真右)をオーダーします。

 氷とつまようじの刺さった梅入りのグラスに水だし(ダッチ)コーヒーを注いで梅の香りを感じながら、半分に減ったところで梅酒を適量。コーヒーに梅酒!? ミスマッチ感アリですが、コーヒーの濃さや苦味とケンカしないでバランス良く混ざり合い、まろやかなテイストが増すのです。

 お酒好きの初代オーナーが考案。常連だった作家・池波正太郎さんが気に入り、裏メニューだった梅ダッチコーヒーが人気メニューになったという逸話が残っています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  9. 9

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る