あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

私の生まれ故郷 鳥取・境港の空気感を東京で味わう

公開日:

澤井珈琲(東京・銀座)

 ゲンダイ読者の皆々さま、「はじめまして!」。昭和テイストいっぱいの純喫茶をこよなく愛する私、あらきゆうこの純喫茶巡りが、いよいよスタートします。この連載でゲンダイを愛読するオジサマたちを「おっ! こんな魅力的な純喫茶があったのか!」とうならせたいと思っています。

 そもそも「なぜ純喫茶なの?」。全国をツアーで回ることが多く、実際にステージでドラムを叩く前に「その土地に馴染みたい」という思いが強くありました。昔ながらの純喫茶に入り、地元の人の会話が耳に飛び込んできたり、その土地ならではの空気感にフワッと包まれたり……。純喫茶巡りは、いわばライブの前のウオーミングアップみたいなもの。その方が絶対、いい音が出せます。

 私自身、オトナになったことで純喫茶が「癒やしの場」になりました。オシャレなカフェもすてきですが、いい意味で田舎っぽさを残しつつ、何十年も前から「変わらない」ことの素晴らしさに気付くようになったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る