日本代表レプリカユニ売れ!ゼビオ vs ヒマラヤの生涯給与

公開日:

 W杯で多くの話題を呼んだサッカー日本代表。柴崎岳選手の7番などキッズ用でも1万円以上はするレプリカユニホームが飛ぶように売れているそうです。今回の損得はスポーツ用品販売大手の「ゼビオ」と「ヒマラヤ」の社員待遇を比較してみます。

 ゼビオHDは1962年、福島県いわき市で紳士服店として創業。現在は郡山市に本社を置くスポーツ用品販売大手です。15年に持ち株会社に移行し、傘下にスポーツショップ「ヴィクトリア」「ゴルフパートナー」などを保有。Jリーグ「東京ヴェルディ」のメインスポンサーも務めています。

 一方、ヒマラヤは1976年に岐阜市でスキーショップとして創業しました。中部圏を中心に約160店舗を展開しています。やはり「FC岐阜」のスポンサーを務めています。

 前期の連結売上高はゼビオが2346億円、対するヒマラヤは729億円でした。経常利益も114億円のゼビオが、13億円のヒマラヤを大きく上回っています。社員の平均給与はどうでしょうか。有価証券報告書(ゼビオは平成29年度、ヒラヤマは同28年度)によると、ゼビオの平均年収は831万円、ヒマラヤは476万円となっています。ゼビオはHD社員の平均ですので、若干高く出ました。これらのデータを基に年齢別の平均年収を試算すると、ピーク時の50歳ではゼビオが830万円、ヒマラヤは541万円となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る