• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本代表レプリカユニ売れ!ゼビオ vs ヒマラヤの生涯給与

 W杯で多くの話題を呼んだサッカー日本代表。柴崎岳選手の7番などキッズ用でも1万円以上はするレプリカユニホームが飛ぶように売れているそうです。今回の損得はスポーツ用品販売大手の「ゼビオ」と「ヒマラヤ」の社員待遇を比較してみます。

 ゼビオHDは1962年、福島県いわき市で紳士服店として創業。現在は郡山市に本社を置くスポーツ用品販売大手です。15年に持ち株会社に移行し、傘下にスポーツショップ「ヴィクトリア」「ゴルフパートナー」などを保有。Jリーグ「東京ヴェルディ」のメインスポンサーも務めています。

 一方、ヒマラヤは1976年に岐阜市でスキーショップとして創業しました。中部圏を中心に約160店舗を展開しています。やはり「FC岐阜」のスポンサーを務めています。

 前期の連結売上高はゼビオが2346億円、対するヒマラヤは729億円でした。経常利益も114億円のゼビオが、13億円のヒマラヤを大きく上回っています。社員の平均給与はどうでしょうか。有価証券報告書(ゼビオは平成29年度、ヒラヤマは同28年度)によると、ゼビオの平均年収は831万円、ヒマラヤは476万円となっています。ゼビオはHD社員の平均ですので、若干高く出ました。これらのデータを基に年齢別の平均年収を試算すると、ピーク時の50歳ではゼビオが830万円、ヒマラヤは541万円となります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る