• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

閉塞感が蔓延…「異邦人」の主人公を生み出す現代の日本

 何の罪もない人を平然と殺す事件が相次ぎ、ふと、中学生のころに読んだフランス人作家アルベール・カミュの「異邦人」を思い出した。

 当時はカミュやサルトルの本を読む中高生が多く、不条理とか実存主義とかにかぶれたものだ。

「異邦人」の主人公ムルソーは、母親の死にも無感情で、アラブ人を殺害した動機について「太陽がまぶしかったから」と言い放つ。この感覚は、新幹線のぞみ号で3人を殺傷した小島一朗容疑者や、交番を襲撃し2人を殺した島津慧大容疑者と同じだろう。

「異邦人」が書かれたのは1942年。フランスはドイツに占領されていた。努力をしても結果が得られない時代だ。若者は希望が持てず、先行きが見えない絶望感に支配されていた。

 だからカミュは、人を殺したところで罪の意識を持たない若者を描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る