大盛況の立ち飲み屋 成功の裏に巧妙“100円ショップ戦略”

公開日:

 近年、飲み屋街を歩くと必ずといってよいほど、元気な立ち飲み居酒屋を見かけます。雑誌では、サラリーマンが集まる老舗の立ち飲み特集を見かけたりもします。入り口から中をのぞくと、ワイワイと楽しい喧騒が伝わってきて、ついつい入りたくなってしまう人も多いでしょう。

 立ち飲み人気の理由は、価格の安さです。激安立ち飲み居酒屋と評判になる店では、アルコールからおつまみまで全品100円という衝撃の店まで登場しています。

 もっとも、通常の立ち飲み屋の価格は、安くてもビールは中ジョッキ280円、グラスワイン200円、酎ハイ190円、日本酒250円くらい。ツマミは、焼き鳥1本100円、枝豆180円、厚揚げ180円、マグロの刺し身250円、ポテサラ180円、カキフライ220円、野菜てんぷら250円といった具合に、300円を切るメニューで提供している店が多いのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る