• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大盛況の立ち飲み屋 成功の裏に巧妙“100円ショップ戦略”

投稿日:

 近年、飲み屋街を歩くと必ずといってよいほど、元気な立ち飲み居酒屋を見かけます。雑誌では、サラリーマンが集まる老舗の立ち飲み特集を見かけたりもします。入り口から中をのぞくと、ワイワイと楽しい喧騒が伝わってきて、ついつい入りたくなってしまう人も多いでしょう。

 立ち飲み人気の理由は、価格の安さです。激安立ち飲み居酒屋と評判になる店では、アルコールからおつまみまで全品100円という衝撃の店まで登場しています。

 もっとも、通常の立ち飲み屋の価格は、安くてもビールは中ジョッキ280円、グラスワイン200円、酎ハイ190円、日本酒250円くらい。ツマミは、焼き鳥1本100円、枝豆180円、厚揚げ180円、マグロの刺し身250円、ポテサラ180円、カキフライ220円、野菜てんぷら250円といった具合に、300円を切るメニューで提供している店が多いのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る