ラーメン業界の常識 “自家製”スープ&麺の店はごく少数派

公開日:

「あの店の豚骨ラーメンは濃厚でうまい」「ココの醤油ラーメンは店主のこだわりがあって一番だ」など、ラーメンのウンチクではどこの会社でも盛り上がります。

 しかし、実際にスープを自店で作ったり、麺を自家製にするのは、ごくごく少数派という現実をご存じでしょうか? それは、自家製スープや自家製麺を用いると、時間や労力のコストが大きいからです。

 1杯1000円以下で提供しなければ、お客さんだって寄り付かなくなりますから、スープ作りに時間や労力はかけられません。

 飲食店経営では、原材料費は30%以下に抑える――というのが、基本中の基本。

 でなければ、人件費や家賃、水道光熱費などを賄えなくなり、赤字になってしまいます。

 まれに、原材料費に4割近くかける店も存在しますが、それは、お客がどんどん回転する繁盛店になってから、味を向上させるために原材料費を上げた結果にすぎません。開店するにあたって、原材料費が30%を超えていたら商売にならないのが現実です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る