ラーメン業界の常識 “自家製”スープ&麺の店はごく少数派

公開日: 更新日:

「あの店の豚骨ラーメンは濃厚でうまい」「ココの醤油ラーメンは店主のこだわりがあって一番だ」など、ラーメンのウンチクではどこの会社でも盛り上がります。

 しかし、実際にスープを自店で作ったり、麺を自家製にするのは、ごくごく少数派という現実をご存じでしょうか? それは、自家製スープや自家製麺を用いると、時間や労力のコストが大きいからです。

 1杯1000円以下で提供しなければ、お客さんだって寄り付かなくなりますから、スープ作りに時間や労力はかけられません。

 飲食店経営では、原材料費は30%以下に抑える――というのが、基本中の基本。

 でなければ、人件費や家賃、水道光熱費などを賄えなくなり、赤字になってしまいます。

 まれに、原材料費に4割近くかける店も存在しますが、それは、お客がどんどん回転する繁盛店になってから、味を向上させるために原材料費を上げた結果にすぎません。開店するにあたって、原材料費が30%を超えていたら商売にならないのが現実です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  4. 4

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  7. 7

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

  8. 8

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る