ラーメン業界の常識 “自家製”スープ&麺の店はごく少数派

公開日: 更新日:

「あの店の豚骨ラーメンは濃厚でうまい」「ココの醤油ラーメンは店主のこだわりがあって一番だ」など、ラーメンのウンチクではどこの会社でも盛り上がります。

 しかし、実際にスープを自店で作ったり、麺を自家製にするのは、ごくごく少数派という現実をご存じでしょうか? それは、自家製スープや自家製麺を用いると、時間や労力のコストが大きいからです。

 1杯1000円以下で提供しなければ、お客さんだって寄り付かなくなりますから、スープ作りに時間や労力はかけられません。

 飲食店経営では、原材料費は30%以下に抑える――というのが、基本中の基本。

 でなければ、人件費や家賃、水道光熱費などを賄えなくなり、赤字になってしまいます。

 まれに、原材料費に4割近くかける店も存在しますが、それは、お客がどんどん回転する繁盛店になってから、味を向上させるために原材料費を上げた結果にすぎません。開店するにあたって、原材料費が30%を超えていたら商売にならないのが現実です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る