• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金券ショップは節約社会にマッチした薄利多売モデル

 金券ショップは古物商です。古物商とは、中古品や新品を、売買・交換する業者をいいます。盗品や偽造品が換金のため持ち込まれる恐れがあるため、所轄署での法令講習を経て、公安委員会から許可を得た業種です。

 そして金券ショップは、リサイクル業者や古着屋などの古物商の中でも、最も粗利率の低い業態です。なにしろ、額面の94%で買い取った金券を97~98%で販売するなど、たったの2~3%の差益しか見込めない厳しい商売だからです。

 それでも、1日の売り上げが200万円あれば、3%の粗利で6万円になります。100万円の売り上げしかなくても、3万円の粗利になります。たとえ毎日3万円の粗利でも、月に25日稼働すれば、75万円です。ここから、主に人件費、家賃を差し引いて黒字ならば立派に商売として成り立つわけです。

 近年はネットでも売買を行っていますが、駅前の人通りの多い繁華街に店がないと、薄利多売のビジネスモデルも成り立ちません。1人当たりの客単価が1万円以下なので、ひっきりなしにお客が来ないことには商売にならないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  8. 8

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る