• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金券ショップは節約社会にマッチした薄利多売モデル

 金券ショップは古物商です。古物商とは、中古品や新品を、売買・交換する業者をいいます。盗品や偽造品が換金のため持ち込まれる恐れがあるため、所轄署での法令講習を経て、公安委員会から許可を得た業種です。

 そして金券ショップは、リサイクル業者や古着屋などの古物商の中でも、最も粗利率の低い業態です。なにしろ、額面の94%で買い取った金券を97~98%で販売するなど、たったの2~3%の差益しか見込めない厳しい商売だからです。

 それでも、1日の売り上げが200万円あれば、3%の粗利で6万円になります。100万円の売り上げしかなくても、3万円の粗利になります。たとえ毎日3万円の粗利でも、月に25日稼働すれば、75万円です。ここから、主に人件費、家賃を差し引いて黒字ならば立派に商売として成り立つわけです。

 近年はネットでも売買を行っていますが、駅前の人通りの多い繁華街に店がないと、薄利多売のビジネスモデルも成り立ちません。1人当たりの客単価が1万円以下なので、ひっきりなしにお客が来ないことには商売にならないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る