金券ショップは節約社会にマッチした薄利多売モデル

公開日:

 金券ショップは古物商です。古物商とは、中古品や新品を、売買・交換する業者をいいます。盗品や偽造品が換金のため持ち込まれる恐れがあるため、所轄署での法令講習を経て、公安委員会から許可を得た業種です。

 そして金券ショップは、リサイクル業者や古着屋などの古物商の中でも、最も粗利率の低い業態です。なにしろ、額面の94%で買い取った金券を97~98%で販売するなど、たったの2~3%の差益しか見込めない厳しい商売だからです。

 それでも、1日の売り上げが200万円あれば、3%の粗利で6万円になります。100万円の売り上げしかなくても、3万円の粗利になります。たとえ毎日3万円の粗利でも、月に25日稼働すれば、75万円です。ここから、主に人件費、家賃を差し引いて黒字ならば立派に商売として成り立つわけです。

 近年はネットでも売買を行っていますが、駅前の人通りの多い繁華街に店がないと、薄利多売のビジネスモデルも成り立ちません。1人当たりの客単価が1万円以下なので、ひっきりなしにお客が来ないことには商売にならないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る