• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻がくも膜下出血で倒れたを理由に夫は離婚できるのか

 涙で妻の介護体験を語った引退会見は、「ほとんどウソ」――。先週、週刊文春が“親族怒りの告発”として報じた、小室哲哉(59)と妻のKEIKO(45)の近況には驚いた。

 今年1月、小室は看護師との不倫疑惑が浮上し、引退会見を開いた。当時、彼は不倫疑惑より先に、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKOの病状を語った。「音楽に興味がなくなった」妻のリハビリに寄り添い、「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」妻を見守っている――と。

 これが事実であったら、夫の介護ストレスは相当なものだったに違いない。身を削るような苦労もあったろう。重圧に耐え切れず、精神的な支えになってくれた女性にグラリときたとしても多少は同情の余地はある。

 だが、今回の記事が本当なら、希代の音楽プロデューサーの“献身的な介護夫像”は、もろくも崩れた。夫婦は別居状態で、大病に倒れた妻は故郷の大分に戻り、幸いにも「買い物ができる」ほどに回復していたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る