妻がくも膜下出血で倒れたを理由に夫は離婚できるのか

公開日:

 涙で妻の介護体験を語った引退会見は、「ほとんどウソ」――。先週、週刊文春が“親族怒りの告発”として報じた、小室哲哉(59)と妻のKEIKO(45)の近況には驚いた。

 今年1月、小室は看護師との不倫疑惑が浮上し、引退会見を開いた。当時、彼は不倫疑惑より先に、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKOの病状を語った。「音楽に興味がなくなった」妻のリハビリに寄り添い、「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」妻を見守っている――と。

 これが事実であったら、夫の介護ストレスは相当なものだったに違いない。身を削るような苦労もあったろう。重圧に耐え切れず、精神的な支えになってくれた女性にグラリときたとしても多少は同情の余地はある。

 だが、今回の記事が本当なら、希代の音楽プロデューサーの“献身的な介護夫像”は、もろくも崩れた。夫婦は別居状態で、大病に倒れた妻は故郷の大分に戻り、幸いにも「買い物ができる」ほどに回復していたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る