妻がくも膜下出血で倒れたを理由に夫は離婚できるのか

公開日:

 涙で妻の介護体験を語った引退会見は、「ほとんどウソ」――。先週、週刊文春が“親族怒りの告発”として報じた、小室哲哉(59)と妻のKEIKO(45)の近況には驚いた。

 今年1月、小室は看護師との不倫疑惑が浮上し、引退会見を開いた。当時、彼は不倫疑惑より先に、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKOの病状を語った。「音楽に興味がなくなった」妻のリハビリに寄り添い、「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」妻を見守っている――と。

 これが事実であったら、夫の介護ストレスは相当なものだったに違いない。身を削るような苦労もあったろう。重圧に耐え切れず、精神的な支えになってくれた女性にグラリときたとしても多少は同情の余地はある。

 だが、今回の記事が本当なら、希代の音楽プロデューサーの“献身的な介護夫像”は、もろくも崩れた。夫婦は別居状態で、大病に倒れた妻は故郷の大分に戻り、幸いにも「買い物ができる」ほどに回復していたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る