• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻がくも膜下出血で倒れたを理由に夫は離婚できるのか

 涙で妻の介護体験を語った引退会見は、「ほとんどウソ」――。先週、週刊文春が“親族怒りの告発”として報じた、小室哲哉(59)と妻のKEIKO(45)の近況には驚いた。

 今年1月、小室は看護師との不倫疑惑が浮上し、引退会見を開いた。当時、彼は不倫疑惑より先に、2011年にくも膜下出血で倒れた妻・KEIKOの病状を語った。「音楽に興味がなくなった」妻のリハビリに寄り添い、「コミュニケーションが日に日にできなくなっている」妻を見守っている――と。

 これが事実であったら、夫の介護ストレスは相当なものだったに違いない。身を削るような苦労もあったろう。重圧に耐え切れず、精神的な支えになってくれた女性にグラリときたとしても多少は同情の余地はある。

 だが、今回の記事が本当なら、希代の音楽プロデューサーの“献身的な介護夫像”は、もろくも崩れた。夫婦は別居状態で、大病に倒れた妻は故郷の大分に戻り、幸いにも「買い物ができる」ほどに回復していたというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る