折れた標識支え…事故防止に尽くした米17歳少年に絶賛の声

公開日: 更新日:

 事故を未然に防ごうとした少年の無償の行為に絶賛の声が寄せられている。

 今月6日、米オクラホマシティーに住むランディー・ジョーンズさんが車に乗っていた時、サウスウエスト29番ストリートとサラロードの交差点で不思議な光景を見かけた。

 少年が車の停止を促す「止まれ」の標識を支えていたのだ。

 ジョーンズさんがこの日、フェイスブックに投稿した記事によると、彼が車を停めて少年に事情を聞いたところ……。

「ローガン」と名乗る少年は、危うく2台の車が交差点で衝突事故を起こす場面を目撃。「止まれ」の標識が倒れていることが原因だと気が付き、事故を未然に防ぐために標識を支えることにしたのだという。

 ジョーンズさんは、すぐに市当局に連絡し、標識の修理を至急行うように要請した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る