あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

バロック音楽とランプ…音と明かりに癒やされるのです

公開日: 更新日:

平均律(東京・鷹番)

 ドラマーを務めているミクスチャーサウンドのユニット「スモーガス」のライブを19日に新宿LOFTでやりました。

 どんなジャンルかっていうとヒップホップやラップなどが織り交ざった……。言葉で表現するのは難しいですね。音はかなりデカイし、MC(ボーカル)は激しく跳びはねてるし、ゲンダイ読者さんがご覧になったらビックリかも知れません。

 そのライブのリハーサルは、いつも東横線の都立大学駅近くのスタジオでやるのですが、リハ終わりに必ず隣の学芸大学駅に移動します。

 ドラムを一心不乱に叩き、グングン上がったテンションをクールダウンさせるのにピッタリの純喫茶があるからです。

 1階が焼き鳥屋さんのビルの右側にある階段を2階に。少し角度が急なのでご用心。店に入るとバロック音楽が聞こえてきます。この時点で心がホッコリとしてテンションが落ち着いていくのですが、窓側のテーブル席に座った瞬間、ニンマリとしてしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る