• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

バロック音楽とランプ…音と明かりに癒やされるのです

平均律(東京・鷹番)

 ドラマーを務めているミクスチャーサウンドのユニット「スモーガス」のライブを19日に新宿LOFTでやりました。

 どんなジャンルかっていうとヒップホップやラップなどが織り交ざった……。言葉で表現するのは難しいですね。音はかなりデカイし、MC(ボーカル)は激しく跳びはねてるし、ゲンダイ読者さんがご覧になったらビックリかも知れません。

 そのライブのリハーサルは、いつも東横線の都立大学駅近くのスタジオでやるのですが、リハ終わりに必ず隣の学芸大学駅に移動します。

 ドラムを一心不乱に叩き、グングン上がったテンションをクールダウンさせるのにピッタリの純喫茶があるからです。

 1階が焼き鳥屋さんのビルの右側にある階段を2階に。少し角度が急なのでご用心。店に入るとバロック音楽が聞こえてきます。この時点で心がホッコリとしてテンションが落ち着いていくのですが、窓側のテーブル席に座った瞬間、ニンマリとしてしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る