あらきゆうこ
著者のコラム一覧
あらきゆうこドラマー

CORNELIUS、秦基博、竹原ピストル、布袋寅泰、オノ・ヨーコら多数のアーティストのレコーディングセッションやライブに参加。MI―GU名義でオリジナルのリリースも。地元の鳥取県境港市のFISH大使として、音楽を通して山陰地方をつなぐ活動にも尽力している。

バロック音楽とランプ…音と明かりに癒やされるのです

公開日:  更新日:

平均律(東京・鷹番)

 ドラマーを務めているミクスチャーサウンドのユニット「スモーガス」のライブを19日に新宿LOFTでやりました。

 どんなジャンルかっていうとヒップホップやラップなどが織り交ざった……。言葉で表現するのは難しいですね。音はかなりデカイし、MC(ボーカル)は激しく跳びはねてるし、ゲンダイ読者さんがご覧になったらビックリかも知れません。

 そのライブのリハーサルは、いつも東横線の都立大学駅近くのスタジオでやるのですが、リハ終わりに必ず隣の学芸大学駅に移動します。

 ドラムを一心不乱に叩き、グングン上がったテンションをクールダウンさせるのにピッタリの純喫茶があるからです。

 1階が焼き鳥屋さんのビルの右側にある階段を2階に。少し角度が急なのでご用心。店に入るとバロック音楽が聞こえてきます。この時点で心がホッコリとしてテンションが落ち着いていくのですが、窓側のテーブル席に座った瞬間、ニンマリとしてしまいます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る