山崎元さん<4>転職10回で「会社員に向いていない」と自覚

公開日:

 1997年に山一証券が自主廃業し、拓銀が潰れ、98年には長銀と日債銀が国有化された。金融業界は激変し、転職が活発に行われる時代に突入した。

「それまで大手金融業界には、転職のために辞職するという企業文化がありませんでした。『裏切り者だ』『こんないい会社なのにおかしい』と非難されたものです。外銀に引き抜かれたりしたら、『取引しないぞ』と脅かしたりする会社もありましたよ。副業もそうで、毎月何十万円も本業以外で稼いでいたら、何となく白眼視されそうな雰囲気でしたね。ただ、会社の情報を持ち出したり、対立する仕事でなければ、そこは自由であるべきだと思います」

 97年の山一倒産後、第一勧業朝日投信投資顧問(当時)に転職した頃からは、実名の原稿も増え始めた。

「友人の紹介で知り合った作家の村上龍さんが立ち上げたJMMというメールマガジンに、定期的に書いていました。勤め先も実名で書くようになり、講演もやったり。会社には、個別に許可を取っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る