奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

「産直」「朝取れ」は有機野菜とはまったく関係がない

公開日: 更新日:

 安心安全な食べ物を手にしたい、という人が増えているのだろう。

「産地直送専門店の野菜は朝取れで新鮮なのでよく買うのですが、あれは有機野菜ではないのですか?」と聞かれたことがある。

 たしかに「新鮮」「朝取れ」「産地直送」とくれば減農薬、もしくは有機野菜と思ってしまうが、有機栽培とはまったく関係がない。最近はテレビの影響で、鎌倉や三浦の神奈川県野菜に人気があるようだが、これも同じである。地方の「道の駅」で売ってる野菜も同じで、新鮮だからといって有機とは限らない。

 もしも有機や減農薬で栽培したのなら、農家は表示するはずである。なぜなら、それだけリスクを抱えて栽培したのだから値段を高く設定したいと思っても、表示しなければわからないからだ。

 ただ、道の駅で売られている商品には、たいてい生産者の名前と住所が記されているから、スーパーで買うより安心かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  8. 8

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  9. 9

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る