• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

「産直」「朝取れ」は有機野菜とはまったく関係がない

 安心安全な食べ物を手にしたい、という人が増えているのだろう。

「産地直送専門店の野菜は朝取れで新鮮なのでよく買うのですが、あれは有機野菜ではないのですか?」と聞かれたことがある。

 たしかに「新鮮」「朝取れ」「産地直送」とくれば減農薬、もしくは有機野菜と思ってしまうが、有機栽培とはまったく関係がない。最近はテレビの影響で、鎌倉や三浦の神奈川県野菜に人気があるようだが、これも同じである。地方の「道の駅」で売ってる野菜も同じで、新鮮だからといって有機とは限らない。

 もしも有機や減農薬で栽培したのなら、農家は表示するはずである。なぜなら、それだけリスクを抱えて栽培したのだから値段を高く設定したいと思っても、表示しなければわからないからだ。

 ただ、道の駅で売られている商品には、たいてい生産者の名前と住所が記されているから、スーパーで買うより安心かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る