奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

「産直」「朝取れ」は有機野菜とはまったく関係がない

公開日:

 安心安全な食べ物を手にしたい、という人が増えているのだろう。

「産地直送専門店の野菜は朝取れで新鮮なのでよく買うのですが、あれは有機野菜ではないのですか?」と聞かれたことがある。

 たしかに「新鮮」「朝取れ」「産地直送」とくれば減農薬、もしくは有機野菜と思ってしまうが、有機栽培とはまったく関係がない。最近はテレビの影響で、鎌倉や三浦の神奈川県野菜に人気があるようだが、これも同じである。地方の「道の駅」で売ってる野菜も同じで、新鮮だからといって有機とは限らない。

 もしも有機や減農薬で栽培したのなら、農家は表示するはずである。なぜなら、それだけリスクを抱えて栽培したのだから値段を高く設定したいと思っても、表示しなければわからないからだ。

 ただ、道の駅で売られている商品には、たいてい生産者の名前と住所が記されているから、スーパーで買うより安心かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る