奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)がある。

「産直」「朝取れ」は有機野菜とはまったく関係がない

公開日: 更新日:

 安心安全な食べ物を手にしたい、という人が増えているのだろう。

「産地直送専門店の野菜は朝取れで新鮮なのでよく買うのですが、あれは有機野菜ではないのですか?」と聞かれたことがある。

 たしかに「新鮮」「朝取れ」「産地直送」とくれば減農薬、もしくは有機野菜と思ってしまうが、有機栽培とはまったく関係がない。最近はテレビの影響で、鎌倉や三浦の神奈川県野菜に人気があるようだが、これも同じである。地方の「道の駅」で売ってる野菜も同じで、新鮮だからといって有機とは限らない。

 もしも有機や減農薬で栽培したのなら、農家は表示するはずである。なぜなら、それだけリスクを抱えて栽培したのだから値段を高く設定したいと思っても、表示しなければわからないからだ。

 ただ、道の駅で売られている商品には、たいてい生産者の名前と住所が記されているから、スーパーで買うより安心かもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  5. 5

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  6. 6

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  7. 7

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る