トシを自覚しない人ほど「見た目年齢」が老けている

公開日: 更新日:

 30代後半~40代前半は見た目に大きな差が出る。若く見られる人、相応の人、かなり老け込む人とクッキリ分かれるそうだ。これは婚活市場で大きなハンディともなるし、武器にもなる。

「男の婚活は会話が8割」の著者で婚活アドバイザーの植草美幸氏は言う。

「年齢を知っていて会っても、“未来の結婚”相手には夢を持ちますよね。顔を見て実年齢よりも老けていると、相手への興味を失う。それで破談になるケースも珍しくありません」

 女性が子供を欲しがっていればなおさらだ。おじいちゃんみたいなパパは嫌だろう。それに老けた結婚相手は、友達や親に紹介するのもためらわれる。いいところは一つもない。

「美醜が問題ではありません。年齢からくる変化を認めたくなくて、自分を若いままだと思い込もうとしていることが問題なのです。この手のタイプは衰えを自覚していないので、自分をより魅力的に見せるためのケアを怠ります。ひげや髪を整えていなかったり、鼻毛が出ていたり、肌がボロボロだったりする。結果的に“イタイおじさん”になってしまいます。42歳だったら35歳くらいに見えるようにしていかないといけない。そうしないと相手側が年齢をものすごく意識してしまうのです」(植草美幸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る