トシを自覚しない人ほど「見た目年齢」が老けている

公開日: 更新日:

 30代後半~40代前半は見た目に大きな差が出る。若く見られる人、相応の人、かなり老け込む人とクッキリ分かれるそうだ。これは婚活市場で大きなハンディともなるし、武器にもなる。

「男の婚活は会話が8割」の著者で婚活アドバイザーの植草美幸氏は言う。

「年齢を知っていて会っても、“未来の結婚”相手には夢を持ちますよね。顔を見て実年齢よりも老けていると、相手への興味を失う。それで破談になるケースも珍しくありません」

 女性が子供を欲しがっていればなおさらだ。おじいちゃんみたいなパパは嫌だろう。それに老けた結婚相手は、友達や親に紹介するのもためらわれる。いいところは一つもない。

「美醜が問題ではありません。年齢からくる変化を認めたくなくて、自分を若いままだと思い込もうとしていることが問題なのです。この手のタイプは衰えを自覚していないので、自分をより魅力的に見せるためのケアを怠ります。ひげや髪を整えていなかったり、鼻毛が出ていたり、肌がボロボロだったりする。結果的に“イタイおじさん”になってしまいます。42歳だったら35歳くらいに見えるようにしていかないといけない。そうしないと相手側が年齢をものすごく意識してしまうのです」(植草美幸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  4. 4

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る