• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トシを自覚しない人ほど「見た目年齢」が老けている

投稿日:

 30代後半~40代前半は見た目に大きな差が出る。若く見られる人、相応の人、かなり老け込む人とクッキリ分かれるそうだ。これは婚活市場で大きなハンディともなるし、武器にもなる。

「男の婚活は会話が8割」の著者で婚活アドバイザーの植草美幸氏は言う。

「年齢を知っていて会っても、“未来の結婚”相手には夢を持ちますよね。顔を見て実年齢よりも老けていると、相手への興味を失う。それで破談になるケースも珍しくありません」

 女性が子供を欲しがっていればなおさらだ。おじいちゃんみたいなパパは嫌だろう。それに老けた結婚相手は、友達や親に紹介するのもためらわれる。いいところは一つもない。

「美醜が問題ではありません。年齢からくる変化を認めたくなくて、自分を若いままだと思い込もうとしていることが問題なのです。この手のタイプは衰えを自覚していないので、自分をより魅力的に見せるためのケアを怠ります。ひげや髪を整えていなかったり、鼻毛が出ていたり、肌がボロボロだったりする。結果的に“イタイおじさん”になってしまいます。42歳だったら35歳くらいに見えるようにしていかないといけない。そうしないと相手側が年齢をものすごく意識してしまうのです」(植草美幸氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る