中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

スタッフを怒鳴る若者に「どうしたの?」と聞いてみた

公開日:

 現場で派遣会社のスタッフに食って掛かっている人がいたので、「どうしたの?」と聞いてみた。

 どうやら電話対応が悪かったみたいで、「派遣会社を変える」と息巻いていた。

「僕は正社員で別の会社で働いているからね。小遣い稼ぎだから、派遣は辞めてもいいし」と興奮気味に話す。

 ふと気になったのは、正社員のダブルワークって可能なのかということだ。

 派遣会社はダブルワークOKのところが多いようだが、正社員として勤務する会社の方は大丈夫なのか。彼の勤めている会社は大手流通会社で3交代制とのこと。日ごろはフォークリフトを操り、派遣と同じような倉庫作業をしているのだという。つまり、本業も副業も同じ業界。慣れた職場だけに仕事はやりやすい。

 派遣会社の方は、同業との競業避止義務の可能性もあるのに特にチェックを入れない。いい加減な感じは否めないが、本業の告知義務はないので、まあ、そんなものかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る