南米育ちの大城バネサさん アサードを親戚一同で豪快に

公開日:

「アルゼンチンにいた頃は向こうの料理も食べていたけど、おばあのつくる沖縄料理とごちゃまぜでした」

 ブエノスアイレス出身の大城バネサさんは祖父母が沖縄出身の日系の家で育った。アルゼンチンの日系2世である。2001年に行われたNHK「のど自慢大会」のアルゼンチン大会で優勝してスカウトされ、02年東京で開催された同チャンピオン大会でグランドチャンピオンに。03年、歌手デビューを果たした。今年ではや15周年になる。

 さぞかし祖国を思い出すことも多いはずで、そんな時に真っ先に記憶に蘇るのが豪快な肉料理である。

「アサードは思い出深い料理です。誕生日やクリスマスやお正月などイベントで親戚が一堂に集まる時の料理で、日本のBBQみたいなものです」

 父、母、姉の4人家族で育った。隣にはおばあも住んでいてアサードが振る舞われる時は親戚やその恋人など総勢20人から30人も集まった。大人数のため、用意する肉はひと塊が5キロ以上の巨大サイズだ。アルゼンチンでは豚肉より牛肉の方が安く手に入る。場合によっては一頭丸ごと購入することもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る