長州小力の昼の定番「サッポロ一番塩ラーメン牛乳スープ」

公開日:

 父母と姉、兄、弟の6人家族の中で育った長州小力さんの実家は東京・杉並区内で学校給食専門の青果店を営んでいた。早朝トラックで市場に買い付けに行き、野菜の仕分けをし、近隣の小中学校へ配達するのに駆り出された。

「配達していた中野と杉並は芸能人が多いから、学校給食で僕が配った野菜を食った人は多いはず。後藤久美子ちゃん、一色紗英ちゃん、あややをやってた前田健くんとか」

 野菜を買うようになったのは大人になってから。その時初めて“野菜は高いもの”と思ったそうだ。

「メロンの“夢の半分食い”とかスイカの“ドリフ食い”とかを、兄貴や弟と競争してたから」

 芸人を始めたのは20歳前。16歳で高校中退、プラプラしながら家業を手伝ったが、「あの時が一番カラダを鍛えてたんじゃないかな。だってジャガイモ10キロの箱を30~40箱、タマネギは20キロの箱を『ンワー!! っ』って運んでたんですもん」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る