嘉門タツオさん 母親はコロッケを一度に40個も作った

公開日:

 替え歌では右に出る者なし、シンガー・ソングライターの嘉門タツオさんは今年でデビュー35周年を迎えた。1年間ほぼ毎日外食、年間1000万円以上、外食費を使うというから当代一の食通といっても過言ではない。そんな食道楽の嘉門さんのおふくろメシは意外やコロッケ。

 3人きょうだいの長男で妹、弟がいる。子供の頃は祖母を入れて6人家族で育った。父親は有名書店勤務。大阪に1店舗しかなかった書店を、鹿児島や札幌などに全国展開させたやり手サラリーマンだった。

 母・敏子さんは6人きょうだいで中国からの引き揚げ。そのため、餃子とか涼拌菜など中国料理を作ることも多かった。

「日本に引き揚げてきてから母方の祖母が山口県で料理教室をやっていたんです。生徒もたくさんいてね。料理が得意な家系なのかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る