• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌手・森山愛子さん 箱買いしたイカで作る塩辛で丼ご飯を

 森山愛子さんの出身地・宇都宮は最近はカクテルBARの街としても知られるが、真っ先に思い浮かぶのは、やはり餃子(ギョーザ)。宇都宮では街を歩けば餃子の店にぶつかるが、かつては家で作って食べるものだった。森山さんの場合、思い出すのは、矢板(栃木)に住む祖母・雪枝さんが作る餃子だ。

「白菜に豚ひき肉、ニラが入ったごく普通の餃子です。50枚入りの大きいサイズの餃子の皮を買ってきて、縁に水をチャチャッとつけて濡らして一緒に作りました。焼き餃子で食べましたね」

 母・明美さんはというと、手の込んだものより近所の畑を借りて育てた野菜などをそのまま食卓にのせた。夏はキュウリにナス、トマトなどが大量に取れたので、それをぬか漬けにした。好きだったのはピーマン。

「お店ではあまり売っているのを見かけたことがないけど、食べてみるとシャキシャキしておいしいんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る