歌手・森山愛子さん 箱買いしたイカで作る塩辛で丼ご飯を

公開日:

 森山愛子さんの出身地・宇都宮は最近はカクテルBARの街としても知られるが、真っ先に思い浮かぶのは、やはり餃子(ギョーザ)。宇都宮では街を歩けば餃子の店にぶつかるが、かつては家で作って食べるものだった。森山さんの場合、思い出すのは、矢板(栃木)に住む祖母・雪枝さんが作る餃子だ。

「白菜に豚ひき肉、ニラが入ったごく普通の餃子です。50枚入りの大きいサイズの餃子の皮を買ってきて、縁に水をチャチャッとつけて濡らして一緒に作りました。焼き餃子で食べましたね」

 母・明美さんはというと、手の込んだものより近所の畑を借りて育てた野菜などをそのまま食卓にのせた。夏はキュウリにナス、トマトなどが大量に取れたので、それをぬか漬けにした。好きだったのはピーマン。

「お店ではあまり売っているのを見かけたことがないけど、食べてみるとシャキシャキしておいしいんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る