さぼうる<下>ライバル店にも愛されるマスターの人情経営

公開日:

 入院している「さぼうる」マスターの鈴木文雄さんに代わって切り盛りする伊藤雅史さんの話は面白い。店の人の立場で取材に応じてくれているのだが、語り口にどこかしら「ファンが語るお店の魅力」の雰囲気があるからだ。

 実際、元ファンである。近所にある専修大学の学生だった頃、さぼうるに隣接する、さぼうる2のナポリタンのとりこになり、通い続けた。そのうち、さぼうるのアルバイト募集を知って応募。すると「たまたま風呂帰りでお店に寄ったマスターが面接をしてくれました。散々話したのに『また来なさい』と言われ、結局3回目の面接で採用されました」。

 それから12年。今は当然、ナポリタンのレシピを知っている。うまさの秘訣は何か。

「白ワインを入れるとか、火力の強いコンロを使っているとかあるのかもしれませんけれど、つまりは、さぼうる2の雰囲気がうまさを出しているんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る