さぼうる<下>ライバル店にも愛されるマスターの人情経営

公開日:

 入院している「さぼうる」マスターの鈴木文雄さんに代わって切り盛りする伊藤雅史さんの話は面白い。店の人の立場で取材に応じてくれているのだが、語り口にどこかしら「ファンが語るお店の魅力」の雰囲気があるからだ。

 実際、元ファンである。近所にある専修大学の学生だった頃、さぼうるに隣接する、さぼうる2のナポリタンのとりこになり、通い続けた。そのうち、さぼうるのアルバイト募集を知って応募。すると「たまたま風呂帰りでお店に寄ったマスターが面接をしてくれました。散々話したのに『また来なさい』と言われ、結局3回目の面接で採用されました」。

 それから12年。今は当然、ナポリタンのレシピを知っている。うまさの秘訣は何か。

「白ワインを入れるとか、火力の強いコンロを使っているとかあるのかもしれませんけれど、つまりは、さぼうる2の雰囲気がうまさを出しているんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る