第一印象は6秒で決まる 就職活動「身だしなみ講座」の実態

公開日:

 毎回約100人の男女学生を前にした90分の講座では、学生をモデルに実際に着方の手ほどきをし、その後、男女に分かれ、男子学生には提携している男性化粧品メーカー・マンダムの担当者が整髪料やスキンケアの使い方を、女子には花王の担当者が化粧の仕方をマンツーマンで手ほどきする。

■国立大学でも講座が

 専修大では、毎年インターンシップがスタートする前に、洋服の青山やマンダムに要請し、身だしなみ講座を開講している。

「男女とも講座を受けた学生は、第一印象がガラッと変わります。面接担当の方の話も聞けるので、身だしなみも含めて就活の自己アピールで貴重な体験をしています」(就職課)

 国立の福島大でも就活学生に身だしなみ講座を取り入れている。


「プロの目にかなった身だしなみを学ぶことがテーマです。相手の企業の面接官に第一印象で若者らしさ、清潔感をいかにアピールできるかが就活の勝負。服装や身だしなみでリスクを取らせたくないですからね」(就職支援課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る