第一印象は6秒で決まる 就職活動「身だしなみ講座」の実態

公開日:

 毎回約100人の男女学生を前にした90分の講座では、学生をモデルに実際に着方の手ほどきをし、その後、男女に分かれ、男子学生には提携している男性化粧品メーカー・マンダムの担当者が整髪料やスキンケアの使い方を、女子には花王の担当者が化粧の仕方をマンツーマンで手ほどきする。

■国立大学でも講座が

 専修大では、毎年インターンシップがスタートする前に、洋服の青山やマンダムに要請し、身だしなみ講座を開講している。

「男女とも講座を受けた学生は、第一印象がガラッと変わります。面接担当の方の話も聞けるので、身だしなみも含めて就活の自己アピールで貴重な体験をしています」(就職課)

 国立の福島大でも就活学生に身だしなみ講座を取り入れている。


「プロの目にかなった身だしなみを学ぶことがテーマです。相手の企業の面接官に第一印象で若者らしさ、清潔感をいかにアピールできるかが就活の勝負。服装や身だしなみでリスクを取らせたくないですからね」(就職支援課)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る