売り手市場でも「狭き門」 就活生をニートにする親の一言

公開日:

 2019年春卒業予定の就活は、面接などの選考が6月1日に解禁される。今年は、より「大手志向」が強まっているようだ。

 リクルートワークス研究所によると、従業員5000人以上の大手企業を目指す19年卒予定の大学生・大学院生は、18年卒と比べ、約12%増の13万8800人。だが、採用枠は約5%増の5万1400人で、求人倍率は0.37倍。売り手市場でも、大手は相変わらずの「狭き門」だ。

 就職情報大手ディスコの調査では、「1学年上の先輩と比べて就職戦線が楽になる」と考える19年卒の学生は50.4%(昨年11月時点)と、18年卒の約2倍。

 明治大就職キャリア支援センターの担当者は、「『楽に決まりそう』『大手から内定をもらえそう』と考える学生が少なくない」と話す。

 楽観的に考えている学生が多いようだが、実際に大手に入れるのは、およそ2.7人に1人。大多数が大手からはじかれるわけで、プライドが高すぎて現実が受け入れられず、自暴自棄になってニート……なんて話はよく耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る