売り手市場でも「狭き門」 就活生をニートにする親の一言

公開日:

 2019年春卒業予定の就活は、面接などの選考が6月1日に解禁される。今年は、より「大手志向」が強まっているようだ。

 リクルートワークス研究所によると、従業員5000人以上の大手企業を目指す19年卒予定の大学生・大学院生は、18年卒と比べ、約12%増の13万8800人。だが、採用枠は約5%増の5万1400人で、求人倍率は0.37倍。売り手市場でも、大手は相変わらずの「狭き門」だ。

 就職情報大手ディスコの調査では、「1学年上の先輩と比べて就職戦線が楽になる」と考える19年卒の学生は50.4%(昨年11月時点)と、18年卒の約2倍。

 明治大就職キャリア支援センターの担当者は、「『楽に決まりそう』『大手から内定をもらえそう』と考える学生が少なくない」と話す。

 楽観的に考えている学生が多いようだが、実際に大手に入れるのは、およそ2.7人に1人。大多数が大手からはじかれるわけで、プライドが高すぎて現実が受け入れられず、自暴自棄になってニート……なんて話はよく耳にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る