• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

化粧品業界が取り込み躍起 “美容男子”は就活で有利なのか

「社会人として清潔感のある身だしなみは重要ですが、男であまり“キレイ”すぎるのも、ねえ」と大手商社の人事担当者は苦笑いする。

 就活に奔走する男子学生向けの身だしなみ講座が盛況なんだとか。化粧品メーカーが仕掛けているもので、就活生を新規顧客として取り込もうと躍起になっている。

 マンダムが2016年12月から始めた、男子学生向けの「就活身だしなみセミナー」は、これまで近畿大など6校で実施し、200人以上が参加したという。

 資生堂も就活生向けサイトに、髪形や肌を整える方法を教える特設ページを設置……とまあ、躍起になるのも当然で、矢野経済研究所の調査によると、15年度の男性用化粧品市場は、前年比1.6%増の1178億円。若者のスキンケア意識の高まりを背景に、好調に推移しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る