化粧品業界が取り込み躍起 “美容男子”は就活で有利なのか

公開日:

「社会人として清潔感のある身だしなみは重要ですが、男であまり“キレイ”すぎるのも、ねえ」と大手商社の人事担当者は苦笑いする。

 就活に奔走する男子学生向けの身だしなみ講座が盛況なんだとか。化粧品メーカーが仕掛けているもので、就活生を新規顧客として取り込もうと躍起になっている。

 マンダムが2016年12月から始めた、男子学生向けの「就活身だしなみセミナー」は、これまで近畿大など6校で実施し、200人以上が参加したという。

 資生堂も就活生向けサイトに、髪形や肌を整える方法を教える特設ページを設置……とまあ、躍起になるのも当然で、矢野経済研究所の調査によると、15年度の男性用化粧品市場は、前年比1.6%増の1178億円。若者のスキンケア意識の高まりを背景に、好調に推移しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る