• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

化粧品業界が取り込み躍起 “美容男子”は就活で有利なのか

「社会人として清潔感のある身だしなみは重要ですが、男であまり“キレイ”すぎるのも、ねえ」と大手商社の人事担当者は苦笑いする。

 就活に奔走する男子学生向けの身だしなみ講座が盛況なんだとか。化粧品メーカーが仕掛けているもので、就活生を新規顧客として取り込もうと躍起になっている。

 マンダムが2016年12月から始めた、男子学生向けの「就活身だしなみセミナー」は、これまで近畿大など6校で実施し、200人以上が参加したという。

 資生堂も就活生向けサイトに、髪形や肌を整える方法を教える特設ページを設置……とまあ、躍起になるのも当然で、矢野経済研究所の調査によると、15年度の男性用化粧品市場は、前年比1.6%増の1178億円。若者のスキンケア意識の高まりを背景に、好調に推移しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る