業界の人気者 グループ13店「駒八」八百坂仁さんの巻<2>

公開日:  更新日:

 沖縄は海に囲まれているので、定番のツマミは刺し身で、セーイカや島タコは680円、養殖が盛んなクルマエビは480円で、どれも新鮮そのものです。

 もちろん、うちなー(沖縄)ならではの料理もあって、グルクン(タカサゴ)の唐揚げ(1000円)やとうふチャンプルー(500円)、にが菜の白和え(580円)といった定番の料理がおいしいから、地元の方で連日、満席なんです。

 オーナーの金城りょう次さんはコテコテのうちなーんちゅで、愛想がとてもいい。私が久しぶりに顔を出すと、「おかえりぃ」と笑顔で迎えてくれます。千葉出身の店長はじめスタッフもみんな元気が良くて楽しくなれます。それでいて押し付けがましくないから安心できるんですね。

 アサヒやキリンの生ビールもありますが、やっぱり最初はオリオンビールで、「あり! 乾杯!」。生はどれも1杯500円。このお出迎えと冷えた生ビールで、沖縄を訪れたことが、じわじわと実感できるんですね。お店の良し悪しは、つくづく人や接客の良さと定番の安心感。もうひとつあげるとすれば、アイデアでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る