山陰で日本一の庭園と生クロマグロ、中国地方の最高峰を堪能

公開日: 更新日:

 首都圏に住んでいるサラリーマンからすれば、山陰地方はかなり遠い。新幹線と特急を乗り継ぐルートだと6時間ぐらいはかかってしまう。ただ、それだけ時間をかけてもおつりがくるほど見どころは多いのだ。

■足立美術館の横山大観コレクション

 島根県安来市の郊外にある「足立美術館」は、創設者の足立全康が「庭園もまた一幅の絵画である」と情熱を注いだ「日本一の庭園」に、だれもが目を奪われるだろう。山や水の風景を石や砂で表現した「枯れ山水庭」、横山大観の名作「白砂青松」をモチーフにした「白砂青松庭」など、6つのテーマに分かれた5万坪の日本庭園は、四季折々に姿を変える。

 鉄塔や電線といった無粋な人工物は一切見えない。目隠しを計算し尽くした設計で、窓の木枠を額縁に見立てれば、なるほど一幅の絵画が完成する。2003年から毎年、米国の日本庭園専門誌が「日本一」と認定し続けているのも当然か。時間が許す限り、ベンチに座ってぼーっと眺めていたくなってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る