群馬県・草津 夏の疲れを癒やす温泉巡りと仕上げ湯

公開日: 更新日:

無料の共同浴場

 天下の名湯として知られる草津。今年1月の草津白根山(本白根山)の噴火による風評被害が懸念されたが、ネット投票の温泉番付で10年連続東の横綱に輝くなど、根強い人気だ。足湯や湯もみショーなど、観光資源も豊富だが、やはり草津といえば昔から「恋の病以外治す」といわれるほど優れた泉質だ。

 草津白根山の火山活動による硫黄成分が溶け出し、強い酸性を帯びる草津の湯。殺菌力が強く、かつ湯量が豊富なため、保健所から「消毒免除」を受けているほど。そのため、全ての宿、浴場が源泉かけ流しとされている。

 つまり、どの湯に入ってもハズレなしと言えるが、どうせなら6つある主源泉ごとに湯巡りしてみると面白いだろう。

 最も有名なのが、温泉街の中央にある「湯畑」源泉。木桶から湯けむりが立ち上る草津のシンボルだ。湯滝を流れ落ちた後に各旅館へ運ばれるが、近くの共同浴場「千代の湯」(無料)でも入ることができる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る