マンダム・久加亜由美さん 判定士として嗅ぐ体臭1日20人超

公開日: 更新日:

 大学で細胞生物学を学んだ研究肌。入社して最初の4年は製品づくりの部署に配属されたが、どうしても基礎研究がやりたいと直訴した。

「体の臭いについては、実は分からないことが多い。汗っかきだから体臭が強いとは限りませんし、痩せていても体臭が強い人はいます。また、中高年男性に特徴的な頭部のアブラっぽい臭い、ミドル脂臭の原因成分を弊社が突き止めましたが、ではなぜ中高年になるとその臭いが強くなるのかというメカニズムはまだ不明。つまり、分からないことが多いということは、一つ分かればいろんな道がひらけて、より良い製品作りにつながるということ。大勢の人の臭いの悩みを解消できるので、とてもやりがいのある仕事です」

■職務経歴書 
◇2008年…大学で細胞生物学を学んだ後、マンダム入社。製品開発を4年経験(スタイリング2年、スキンケア2年)。
◇2012年…基盤研究所に異動。体臭研究を始める。
◇2015年…臭気判定士の資格を取得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る