• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キリンビバレッジ・菅谷恵子さん 同期の女性に刺激受けて

 卒論のテーマは都市計画の研究。もともとモノをつくることに興味があり、就活時はメーカーや都市開発業界を回ったという。入社は1997年。配属先は生産部だった。

「清涼飲料水をつくる自社工場や製造を委託する工場を相手に、原料の請求業務や契約を締結する仕事でした。ただ、先輩たちは皆さん技術的な知識をしっかり持った方たち。気後れすることが多かったのかもしれません。それで4年目になって、行き詰まってしまって……。自分は機械に詳しいわけじゃないし、微生物を研究したわけでもない。これ以上、キャリアを伸ばすことができるんだろうかと。誰にも相談できず、辞めようと考えた時期もありました」

 海外で日本語を教えるつもりだったそうだ。

 そんな折、異動で商品企画部の宣伝担当に。同期の女性も同部の開発担当となり、「伸び伸び仕事をしている姿に刺激を受けた」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る