台風21号が大阪で猛威 慣れっこの沖縄県庁に対策を聞いた

公開日:

 屋根のトタンが吹き飛び、電柱は根元からポッキリ。関空は海に沈み、タンカーは橋に激突。トラックは横転する。この阿鼻叫喚の光景に大阪府民は「こんなの初めての経験や」と口々に驚きの声を上げている。

 台風21号は大阪で最大瞬間風速47・4メートルを記録。人が立っていられない突風に、映像を見た日本全国の人々が背筋を凍らせたに違いない。

 ところが、台風の猛威に驚いている人がいることに、“驚いている”人たちがいる。沖縄の人たちだ。

 ある沖縄出身の人に聞くと、「沖縄では軽自動車がフツーにコロコロ転がっているし、看板は真横に飛んでいく」といった証言が、さも当然というふうに次々と出てくる。

■学校は休校、会社も休みが当たり前

 なにしろ沖縄では第2宮古島台風(1966年)で最大瞬間風速85・3メートルを観測したことがあり、60メートル級など日常茶飯事。熱帯低気圧に変わりかけの本土の台風とは違って、“壮年期”で上陸するからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る