台風21号が大阪で猛威 慣れっこの沖縄県庁に対策を聞いた

公開日:

 屋根のトタンが吹き飛び、電柱は根元からポッキリ。関空は海に沈み、タンカーは橋に激突。トラックは横転する。この阿鼻叫喚の光景に大阪府民は「こんなの初めての経験や」と口々に驚きの声を上げている。

 台風21号は大阪で最大瞬間風速47・4メートルを記録。人が立っていられない突風に、映像を見た日本全国の人々が背筋を凍らせたに違いない。

 ところが、台風の猛威に驚いている人がいることに、“驚いている”人たちがいる。沖縄の人たちだ。

 ある沖縄出身の人に聞くと、「沖縄では軽自動車がフツーにコロコロ転がっているし、看板は真横に飛んでいく」といった証言が、さも当然というふうに次々と出てくる。

■学校は休校、会社も休みが当たり前

 なにしろ沖縄では第2宮古島台風(1966年)で最大瞬間風速85・3メートルを観測したことがあり、60メートル級など日常茶飯事。熱帯低気圧に変わりかけの本土の台風とは違って、“壮年期”で上陸するからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る