台風21号が大阪で猛威 慣れっこの沖縄県庁に対策を聞いた

公開日: 更新日:

 屋根のトタンが吹き飛び、電柱は根元からポッキリ。関空は海に沈み、タンカーは橋に激突。トラックは横転する。この阿鼻叫喚の光景に大阪府民は「こんなの初めての経験や」と口々に驚きの声を上げている。

 台風21号は大阪で最大瞬間風速47・4メートルを記録。人が立っていられない突風に、映像を見た日本全国の人々が背筋を凍らせたに違いない。

 ところが、台風の猛威に驚いている人がいることに、“驚いている”人たちがいる。沖縄の人たちだ。

 ある沖縄出身の人に聞くと、「沖縄では軽自動車がフツーにコロコロ転がっているし、看板は真横に飛んでいく」といった証言が、さも当然というふうに次々と出てくる。

■学校は休校、会社も休みが当たり前

 なにしろ沖縄では第2宮古島台風(1966年)で最大瞬間風速85・3メートルを観測したことがあり、60メートル級など日常茶飯事。熱帯低気圧に変わりかけの本土の台風とは違って、“壮年期”で上陸するからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る