• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

猛暑の後が危険 温度差で生じる「低体温症」から命を守れ

「人間の体は自律神経と脳が気温の変化に対応できるまでに1~2週間かかります。福岡では1日で6度も下がり、雨で体が濡れた。だから低体温症らしき症状が表れたのです。急激に気温が下がり、雨が降ったり風が強いときに競技場などでずっと座っていると、体温が35度以下に落ちて低体温症になりやすいので注意が必要です」

 5年前の7月には東京・秩父宮ラグビー場で行われたコンサートで低体温症の男女約70人が搬送される騒ぎも起きた。

 低体温症になると鳥肌が立って唇が紫色になったり、体の動きが鈍くなる。さらに進むと意識が低下して判断力が低下、おかしなことを口走って呼吸が早くなる。実際、福岡講倫館高校の生徒にも過呼吸の症状が出た。

 予防するには気温の低い日は上着などを持って外出し、雨が降り始めたら羽織ること。上着は長袖がオススメ。人の腕は手首からヒジにかけての部分が体温をたくさん放出するからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  8. 8

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    お蔵入り乗り越え 妻夫木聡&井上真央「乱反射」 の舞台裏

もっと見る