猛暑のおかげで売上急増「和傘」を「日傘」で普段使いが粋

公開日: 更新日:

 今年の夏は異常な猛暑が続いた“おかげ”ということだろうか、意外なアイテムが売り上げを伸ばしている。日本伝統の「和傘」だ。竹と和紙で作られた昔ながらの和傘を、暑さ対策として普段使いする人が増えているというのだ。

 和傘の卸とインターネット販売を行う専門店「恭雅」(きょうが)では、この夏は全国からの注文が殺到し、現在多くの商品が在庫切れ状態。「和傘を日傘に使いたいがどうすればよいか」という問い合わせが増えているという。

 しかし、なぜ今、洋傘ではなく和傘なのか。同店の営業担当である嶋基雄さんは言う。

「東京オリンピックの影響が大きいと思われます。日本の工芸品に海外からの注目が集まり、国内でも日本らしさがより強く意識されています。この勢いを2020年以降も維持できるかが、和傘業界の勝負どころです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  8. 7

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  9. 8

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  10. 9

    阪神早くも後任監督探しか…福留孝介氏と赤星憲広氏が浮上

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る