猛暑のおかげで売上急増「和傘」を「日傘」で普段使いが粋

公開日:

 今年の夏は異常な猛暑が続いた“おかげ”ということだろうか、意外なアイテムが売り上げを伸ばしている。日本伝統の「和傘」だ。竹と和紙で作られた昔ながらの和傘を、暑さ対策として普段使いする人が増えているというのだ。

 和傘の卸とインターネット販売を行う専門店「恭雅」(きょうが)では、この夏は全国からの注文が殺到し、現在多くの商品が在庫切れ状態。「和傘を日傘に使いたいがどうすればよいか」という問い合わせが増えているという。

 しかし、なぜ今、洋傘ではなく和傘なのか。同店の営業担当である嶋基雄さんは言う。

「東京オリンピックの影響が大きいと思われます。日本の工芸品に海外からの注目が集まり、国内でも日本らしさがより強く意識されています。この勢いを2020年以降も維持できるかが、和傘業界の勝負どころです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る