大西ユカリさん 買い物は100円単位でもクレジットカードで

公開日: 更新日:

 大阪をベースとして活動する、“新世界の歌姫”。その情熱的な歌声に魅了されるファンは多いが、普段の生活は質素そのもの。財布の取材は、「グッドタイミングでした」と語る。

「4月まで7、8年間お気に入りの赤地に黒ハートのサンローランの財布を使っていましたが、手触りがいい黒のヴィレッジヴァンガードの安いヤツに替えたんです。前の財布は金運に恵まれるといわれる熊本の宝来宝来神社で“おたき上げ供養”をしてもらったばかりです」

 閉鎖した「通天閣歌謡劇場」やライブハウスで活動してきたが、ミュージシャンの生活は楽ではない。

「5年ほど前、仕事がゼロになった時期があって、新世界の高齢者が入浴や食事などの介護を受ける通所介護施設で、介護士の仕事を週3回やったことがあります。時給820円で1年間働きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  4. 4

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  7. 7

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  8. 8

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  9. 9

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  10. 10

    ウィーラー&高梨に続き オコエが楽天トレード“三の矢”に?

もっと見る