草食系時代ゆえVRが必需品に 「合コン&婚活」最新事情

公開日:

 今はやりの「VR(バーチャルリアリティー)」は、男女の出会いでも欠かせないアイテムになり始めている。VR体験を楽しめる設備が整った店で、夜な夜な合コンや婚活イベントが開かれるようになっているのだ。

「自己紹介や初対面の異性との会話が苦手な人も、ゲームや映像世界を一緒に体験することで仲良くなれます。プロジェクションマッピングや音響も臨場感があって、テンションは自然にあがりますよ。見た目の良さや話のうまさが決め手になるような合コンとは違うので、草食系が多い時代に合っているのです」

 こう言うのは、日本合コン協会会長の絵音氏。同協会も先日、「VR人狼合コンin渋谷」を主催した。ホリエモンやメンタリストDaiGoらの有名人もハマっていると話題になったボードゲーム「人狼ゲーム」のVR版を使った合コンだ。会話の中で人の姿をした狼(人狼)が誰かを当てるゲームで、「自己紹介のようにリアルなプライベートの話はしなくても、映像世界のなかでカマかけたり駆け引きしたり、議論したりすることが必要になる。頭の回転や話し方とか人間性が見えるので、好評でしたね」(絵音氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る