加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

渡米資金は質入れで捻出 野口英世は極端な放蕩児だった

公開日: 更新日:

 野口英世といえば、アフリカで黄熱病究明に生命を懸けた真面目な医師――。

 読者の中には、そうしたイメージを抱いている人がいるかもしれません。

 が、その実像は大きく異なります。野口は常識離れした人物でした。

 明治9(1876)年11月、福島県耶麻郡三ツ和村(現・耶麻郡猪苗代町)に生まれた野口は、1歳半のとき、左手を大やけどし、医学を志したと伝えられますが、本当は小学校の先生を志望。鉄棒ができないとダメ、といわれ、医師を目指すことに。彼は国家試験を、独力で合格しています。順天堂医院、次に北里柴三郎の伝染病研究所に入所。

 野口は出世欲旺盛な性格で、学閥が幅を利かす日本での栄達に見切りをつけ、明治32(1899)年、ペンシルベニア大学の細菌学者・フレクスナー教授が来日した際、通訳を務めたことから、米国留学を計画します。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  9. 9

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

  10. 10

    日テレが大博打 原田知世&田中圭で“2クール連続ドラマ”

もっと見る