加来耕三
著者のコラム一覧
加来耕三歴史家・作家

昭和33年、大阪市生まれ。奈良大学文学部史学科を卒業後、同大学文学部研究員をへて、現在は大学・企業等の講師をつとめながら著作活動を行っている。テレビ・ラジオ等の番組監修・出演などの依頼多数。著書に『加来耕三の戦国武将ここ一番の決断』(滋慶出版/つちや書店)『卑弥呼のサラダ 水戸黄門のラーメン』(ポプラ社)ほか多数。

権謀術数を駆使…小豪族から中国地方を平定した毛利元就

公開日:

 戦国時代、権謀術数を使って、一代で中国地方を平定したのが毛利元就です。3人の息子に1本ずつ矢を折らせ、3本の矢を束ねて折れないことを教えた「三本の矢」の話は有名ですね。兄弟3人の団結が重要だ、との教えでした。

 元就は明応6(1497)年、安芸(現・広島県西部)の小豪族・毛利弘元の次男として生まれました。兄・興元が病死し、その子で甥の幸松丸が夭逝したため、27歳で家督を継承します。

 当時の中国地方は、出雲国(現・島根県)の尼子氏と、周防国(現・山口県)の大内氏の2大勢力に二分されていました。そんな中、小国の毛利は尼子氏と大内氏の間を行き来して、生き残りを図っていました。

 とくに元就は、武力よりも調略と謀略で武運を開いた人物です。大永5(1525)年、自身は大内氏に服従しながら、安芸米山城主・天野興定と自分の家臣・志道広良を義兄弟にして、毛利家を固めています。天文3(1534)年には、自分の居城・吉田郡山城に近い甲立五龍城主・宍戸元源の孫に、自分の長女を嫁がせました。これで宍戸氏が毛利を支えることに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る