横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【ホンダCR-V】世界的ベストセラーが国内市場にリベンジ

公開日: 更新日:

 世界的なSUV人気の火つけ役は、94年に登場したトヨタRAV4と、翌年のホンダCR―Vだった。先月末に発売された新型CR―Vは数えて5代目。歴代モデルが世界中で大ヒットし、先代は2016年にSUVの世界販売ナンバーワンにも輝いている。そんな大看板の後を継ぐ新型だ。

 稼ぎ頭の海外市場からの要望で、モデルチェンジのたびに大型化。大きくなりすぎて売れなくなった本家・日本では、先代の途中から販売が中止されていた。

 それが復活したのは、日本でもこのクラスのクルマが増え、世界で鍛え抜かれた使い勝手や走りが、国内でも支持されると踏んだからだ。

 なるほど、出来栄えは上々だ。全幅1.855メートルは狭い路地では気を使う場面もあるが、高めの運転席で車両感覚がつかみやすく、見かけより小回りが利く。慣れれば運転は容易だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  2. 2

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  3. 3

    及川光博が明かした 壇れいと離婚届提出日に“打ち上げ飯”

  4. 4

    小川彩佳キャスターがもくろむ 古巣と元カレへのリベンジ

  5. 5

    東大卒フジ新人アナ藤本万梨乃は“令和のカトパン”になるか

  6. 6

    佐藤浩市も大炎上…どんどんタブーになる芸能人の政治発言

  7. 7

    丸山議員が辞めない理由か…政治資金“不正蓄財”疑惑が浮上

  8. 8

    全英注目!交通事故で即死の母狐から救い出された赤ちゃん

  9. 9

    熱狂マダムを生む出す純烈リーダー・酒井一圭の義理堅さ

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る