加藤圭さん<2>女流棋士を目指しつつ学童の契約社員に応募

公開日: 更新日:

 2016年3月に川村学園女子大学大学院を修了。その後は、10~11月に行われる臨床心理士試験を受けるつもりだったが、気持ちは将棋に傾いていった。

「実は、大学院1年の3月にアマ女王戦に出るまでは、大会どころか人と対局したこともなくて。でも対局の楽しさに目覚めて、9月に女流アマ名人戦に出場したら、3位になったんです。大会関係者の方々は『あれは誰?』と驚いたそうですが、私の方がビックリ。それから人と指すのが楽しくなり、もっと強くなりたくて、初めて将棋教室に通い始めました」

 同じ振り飛車党の加瀬純一七段の門を叩いた。将棋教室では、自分より将棋歴の長い子供や、長く将棋を趣味にしてきたアマチュアのベテランに交じって学んだ。そんな仲間たちから、プロ入りを勧められたという。

「『先生もプロになれるんじゃないか、って言ってたよ』という話を聞いて、女流棋士を強く意識するようになりました。大学院修了後は、真剣に悩みましたね。当時の日本将棋連盟の規定だと、プロになるには25歳までに研修会(プロを目指す人たちの勉強会)に入らなければいけませんでした。私は24歳で、ギリギリだったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る