加藤圭さん<3>発達障害の子供に噛まれたときは驚きました

公開日: 更新日:

 女流棋士への夢は捨てずに2016年9月、都内の「放課後等デイサービス」で働き始める。職場は、発達障害を含めた障害のある児童・生徒のための学童保育施設で、12年前に始まった行政サービスのひとつ。大学院まで学んだ心理学が生かせる職場だった。

「簡単に説明すると、学校が終わった小中学生を15~16時ごろ迎えに行って、子供たちと一緒に宿題をしたり、子供たちが興味があることを一緒にやったり、お話ししたりして、18時ごろ各家庭に送り届ける仕事です」

 子供たちの障害はさまざまで、普通学級に籍を置くボーダーラインの子供もいれば、自分の興味があることばかりを延々と話し続ける子供、一人でトイレに行けない子供や箸さえ持てない重度の子供もいたという。

 スタッフ7、8人で、15人ほどの子供の世話をする。その間、子供たちは何度となく思いもよらない行動を取る。戸惑いの連続だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る