「孤独のグルメ」のロケ地も 韓国・全羅道“地元メシ”の旅

公開日: 更新日:

 今年は「全羅道(チョルラド)」が命名から1000年を迎える。全羅道とは韓国の南西部を指す言葉で、全羅南道、全羅北道、光州広域市エリアを含む地域のこと。韓国観光公社によれば、ローカル感あふれる食堂や居酒屋が充実している美食のエリアでもある。首都ソウルの洗練されたレストランとは趣が異なるが、味のクオリティーは高く、居心地だっていい。韓流の味をめぐるツアーに出かけた。

 仁川空港から高速バスで3時間半の全州にある「トバン」(全羅北道全州市完山区平和洞1街727―1)は、韓国で「最も人気のある海外ドラマ」を受賞した「孤独のグルメ」(テレビ東京系)のロケ地。松重豊さんが演じる主人公・井之頭五郎が注文した「チョングッジャン(納豆汁ビビンバ)」も食べられる。

 チョングッジャンは大豆を発酵させた味噌の一種で、風味は日本の納豆と似ている。においは結構きついが、これがクセになるのだ。豆の味もしっかりと感じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る