常連さんに作法を学ぶ…那須温泉元湯「鹿の湯」のにぎわい

公開日:  更新日:

 軽井沢と並ぶ人気の避暑地として知られる栃木県の那須地方は、これから紅葉の見ごろを迎える。東京から東北新幹線で1時間。一足早く温泉とグルメのリゾート地を訪ねた。

 さまざまな温泉が密集している那須にあって、最も歴史が古いのが那須温泉元湯「鹿の湯」(℡0287・76・3098)だ。発見は630年ごろ、ざっと1400年近く前になる。白鹿が矢傷を癒やしていたことから、その名がつけられた。

 泉質は硫黄泉。「卵が腐ったような」と表現される、あのにおいが特徴だ。

 午前8時の営業開始(~午後6時)に合わせて出かけると、川沿いの木造家屋は、すでに多くの客でにぎわっていた。400円(平日、土日祝は500円)を払い、明治時代に建てられたという風呂場に進む。板の間に、大人4人でいっぱいになりそうな木の湯船が2つずつ、合計6つ並んでいる。手前の向かって左から41度、42度、43度、44度となっていて、奥の2つが46度と48度。常連のひとりも「奥には入れないよ」と諦めるほどの熱さだ。湯に入っているよりも、板の間に座って休んでいる客の方が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る